Blog&column
ブログ・コラム

鍵が折れた場合の対処法は

query_builder 2022/05/05
コラム
10
毎日の生活に欠かせない鍵ですが、その劣化については見過ごされがちです。
劣化した状態のまま鍵穴に挿して回した瞬間、鍵が折れてしまったということも少なくありません。
鍵が折れてしまう劣化の原因や、対処法についてご紹介します。

▼鍵が折れる原因
鍵が折れてしまう原因として、多く挙げられるのが鍵自体の劣化です。
金属の経年劣化もありますが、使うたびにひねる動作をするため曲がりやゆがみが生じ、その部分が劣化し折れてしまいます。

▼鍵が折れた場合の対処法
鍵が折れてしまった場合の対処法は、どこで折れてしまったのかにより異なります。
折れた場所ごとの対処法は以下の通りです。

■地面などに落として折れた
金属疲労などにより見えない亀裂などが入っている鍵は、落としただけで折れてしまうこともあります。
スペアキーがない場合、鍵の修理を行う業者に依頼をして新たな鍵を作成してもらうのが一般的です。
特に鍵の不具合がなくても、事前にスペアキーを作成しておくと安心ですね。

■鍵穴に挿した状態で折れた
鍵穴に異物が入っている状態で鍵を挿してしまった場合、鍵穴に鍵が挿さった状態のまま折れてしまう事があります。
簡単な構造の鍵穴の場合、自分で分解して折れた鍵を取り除くことも可能です。
ただし分解に失敗してしまうと、鍵全体の取り換えが必要になる場合も。
また近年は防犯意識の高まりから構造が複雑であったり、特殊な工具や技術がないと分解できない鍵が多いのが現状です。
リスクを最小限にしたい場合は、専門業者に依頼するほうが安心です。

▼まとめ
毎日使っているのに、劣化などが見落とされがちな鍵。
鍵によっては一日に何度も使用する場合もあるため、気づかないうちに劣化が進んでしまっていることも。
つい後回しにしてしまいがちですが、毎日の安心のために事前に対策をして不安を取り除きましょう。
当店では、鍵のトラブルに関する修理や取り換えなどを行っております。
防犯性の高い鍵への交換や補助錠の設置など、セキュリティーに関する相談もお任せください。

NEW

  • プログページ作りました。

    query_builder 2022/04/19
  • ドアクローザーの種類を紹介

    query_builder 2022/12/01
  • ドアクローザー交換のタイミングについて

    query_builder 2022/11/15
  • 腕時計の電池寿命はどのくらい?

    query_builder 2022/11/01
  • 棒鍵の合鍵について

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE